チラシ

チラシ印刷

私たちは普段多くの広告を目にしています。新聞の折込チラシ、ポスティングチラシ、街頭で手配りされる宣伝チラシなど、身のまわりに沢山あります。広告物に溢れた生活の中、目にする、手に取る情報媒体はたくさんありますが、消費者、生活者の多くはその中から自分に必要な情報のみを手に取ります。

チラシは結果から効果を推測し、それを持続していくことが大切です。㈱みつわはお客様と一緒に、目的に合ったチラシ作りを目指します。

チラシ見本

スタイル・形状

サイズ表

新聞折込チラシ A4、B4など。 ポスティングチラシ A6、A5、A4、B6、B5など。※手に取りやすく配りやすい 街頭手配りチラシ A6、A5、B6、B5など。※カバンに入りやすい

※サイズ変更可能です。

チラシ制作のすすめ

過剰掲載に注意

あれも入れたい、これも入れたいと欲張って情報を詰めすぎると、かえって見にくくなり、『何を伝えたいのか』がわかりにくくなります。情報過多は避けましょう。しっかりと目的を設定し、掲載情報は絞りましょう。

あなたが、お客様だったら

実際にはあなたも消費者(生活者)の1人です。日頃自分が手にとって見てしまうチラシを消費者の観点でじっくり見てみましょう。そこには必ず工夫がなされているはずです。いつもより一歩踏み込んでチラシを観察してみると、そのチラシの良いところ、悪いところが見えてきます。それらをあなたのチラシ作りに活かしてみてはどうでしょう。

成功への3条件[目的・エリア・ターゲット]

チラシは作り上げることが目的ではありません。それを何の『目的』で、どの『エリア』の、どの層を『ターゲット』に折込・ポスティングなどをするかが重要です。なぜならば、それで得た結果を次の企画へ活かさなければならないからです。この成功への3条件を意識し、余裕を持って制作スケジュールを組むことをお勧めします。


※弊社では新聞折込・ポスティング業者の手配も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。(地域により不可能な地域もございますのでご了承下さい)

ページ上部へ戻る