フライヤー

フライヤー印刷

フライヤーとは基本的にチラシと同じ意味合いで使われる言葉です。世間では、A4サイズ以下の小さなチラシのことを全般的にフライヤーと呼びます。厳密に言うとB5サイズ以下のチラシのことを指しますが、大きさに規定はありません。
用途としては、ライブ・演奏会の告知フライヤー、イベントフライヤー、ショップの案内・メニューフライヤーなどを手で配ったり、新聞に折り込んだり、店舗に置かせてもらったり、と需要は様々です。 『気軽に手にとって見てもらう』ために、伝えたい内容をコンパクトにまとめ、使い勝手のよい大きさにしたものが良いフライヤーの条件といえます。

何を伝えたいか整理し、それにあったイメージを“形”にしましょう。
フライヤー

スタイル・形状

フライヤー サイズ見本
フライヤー A6、B6、A5、B5、A4など。 ※サイズ変更可能です。

告知・広告フライヤー制作のすすめ

タイトル・日付・内容のバランス

最初にフライヤー上に記載する文字原稿を整理してみましょう。この文字は特に伝えたい、この文章は小さくコンパクトに記載したい、など、載せなければならない文字原稿の量を把握しておくと全体のレイアウトデザインがスムーズに進みます。

人の流れを読んだフライヤーの配布・設置
[下記のタイトルをクリックすると、メニューが開きます]

印刷物が出来上がってからの話ですが、せっかくいいフライヤーが出来上がっても、人の目に付かなければ効果は望めません。そのためにも、どこで配ればよいか、どこに置いてもらえばいいかなどを計画しましょう。

絵の個展フライヤーの場合

書店、額屋、ギャラリー、カフェなど。

クラブイベントのフライヤーの場合

近隣、同じジャンルのイベントの多いクラブ、アパレルショップ、レコード店など。

カフェのショップフライヤーの場合

近隣のカフェ、レストラン、アパレルショップ、インテリアショップなど。

※弊社では新聞折込・ポスティング業者の手配も行っております。お気軽にお問い合わせ下さい。(地域により不可能な地域もございますのでご了承下さい)

ページ上部へ戻る